トップページ » 製品一覧 »  ステンレス鋼 » 電磁ステンレス鋼(TDS-1)

電磁ステンレス鋼(TDS-1)

coil4
主な用途

HDDカバー、シールドケース、コネクタ


製造範囲

板厚: 0.030~1.0mm

幅  : 3~300mm

製造工場

日本


製品概要

TDS-1は「強度」「耐食性」「磁気特性」に優れた“高機能性フェライト系ステンレス鋼”です。

TDS-1はSUS430と比較して磁束密度が高く、保磁力は低いため、着磁性、離脱性、磁気シールド特性に優れます。磁気焼鈍を施すことにより電磁ステンレスとしてご使用頂けます。

 

特徴

■電磁ステンレス

磁気焼鈍を施すことにより電磁ステンレスとして使用できます。

 

■耐食性

TDS-1は、SUS430と比べて優れた耐食性を有しています。

 

■Ni建値変動の影響なし

TDS-1の最大の特徴は、ニッケル含有量が1%と僅かであるため、ニッケル建値変動の影響をほとんど受けず、安定したコスト管理が可能となります。

 

■導電性は42NIレベル

TDS-1の熱膨張係数は42Niと比較して半分程度ですが、導電性は同等であり、42Niからの切換で50%ものコスト削減も可能となります。

 

■代替実績あり

42ニッケルやリン青銅、SUY、パーマロイ等、様々な鋼種からの代替実績があります。

化学成分

鋼種名

化学成分(%)

C

Si

Mn

P

S

Cr

Ni

Mo

その他

TDS-1

0.07

1.90

0.60

0.02

0.002

16.30

1.00

-

-

特金のメリット

◎42ニッケルからの切換で大幅なコストダウンが可能です。

⇒42Ni(6.8×10-6/K)の熱膨張係数はTDS-1(11.3×10-6/K)と比較して半分程度ですが、導電性は同等です。

ニッケル含有量42%の42Niから、ニッケル含有量1%のTDS-1に切り換えることで、ニッケル建値変動の影響を殆ど受けず、大幅なコストダウンと安定したコスト管理が可能となります。

 

◎高精度板厚を保証いたします。

⇒一般材では出来ない厳しい板厚公差で製造いたします。

 

◎小ロットにも柔軟に対応いたします。

標準300kgから製造いたします。

また、ご相談頂ければ更に小ロットでも検討いたします。

 (対応可否はその時々にもよりますので、都度、ご確認下さい。)

 

◎極薄箔も製造いたします。

⇒弊社では板厚0.10mm未満の極薄箔の製造が可能です。

 

◎ご要望の硬さにオーダーメイドいたします

フェライト系ステンレスで流通の多い軟質材以外の硬さも製造いたします。

 

◎表面肌をお選び頂けます。

 ⇒圧延ロールを変更することにより、ブライト仕上(光沢あり) か ダル仕上(梨地模様)をお選び頂けます。

 また、ご指定によりヘアライン研磨(外注)も対応致します。

物理的性質

鋼種

密度

g/c㎥

熱膨張係数

10-6/K

電気抵抗

μΩ・cm

ヤング率

N/m㎥

硬度

HV

TDS-1

7.73

11.3

70

206,000

190~330

42ニッケル

8.15

6.8

70

145,000

125~230

インバー

8.21

2以下

80

142,200

120~220

 

機械的性質

耐食性

鋼種

塩水濃度

g/l

塩水噴霧量

ml/h/80cm2

糟温度

噴霧時間

TDS-1

50

1.5

35

24

※     TDS-1は42ニッケルや36ニッケルと比べて耐食性は良好ですので、

   耐食性の良い他のステンレスを比較しております。

※ SUS304は及びませんが、SUS430と比べて優れた耐食性を有しております。

 

磁気特性

状態

磁束密度

10-4 ・ T

残留磁束密度

10-4 ・ T

保磁力

A/m

最大透磁率

(磁場)

μmax

B1

B2

B3

B5

B25

B30

Br

Hc

 

素材状態

60

120

180

320

5140

6020

4040

1122.1

210(2Oe)

磁気焼鈍後

450

2730

4590

6600

11160

11520

6390

143.2

1522

(2.8Oe)

お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
製品を探す