トップページ » 製品一覧 »  ステンレス鋼 » 高耐食ステンレス鋼(SUS316, SUS316L)

高耐食ステンレス鋼(SUS316, SUS316L)

coil
主な用途

ダイヤフラム、ベローズ、液面計ベルト、時計裏蓋、体温計


製造範囲

板厚: 0.030 ~ 3.0mm

幅  : 3.0 ~ 300mm

 
製造工場

日本


製品概要・特徴

オーステナイト系ステンレスに分類される鋼種です。

 

オーステナイト系ステンレス鋼の代表鋼種であるSUS304のニッケル(Ni)含有量を高め、更にモリブデン(Mo)を添加することで、耐食性を上げた鋼種で、特に応力腐食割れや粒界腐食に対して有効です。

また、高耐食性ステンレスはC量が低くNi量が多いので、焼鈍状態の硬度が低く、加工硬化が少ないので、絞り用途としても向いています。

(補足:SUS316Lの“L”はLow carbonを表しています。)

 

なお、固溶化熱処理状態では非磁性ですが、加工により弱い磁性を持つようになります。

 

この鋼種はステンレスの中でも、比較的流通量が少ないため入手しにくい材料ですが、弊社ではこのような材料も薄物、特殊寸法、短納期、小ロットで対応しております。

 

耐食性について

ステンレス鋼は、表面に緻密に形成されたCr(クロム)の極薄い酸化皮膜(不動態皮膜)によって錆が内部に進行することを防いでいるため、優れた耐食性を持っています。

その不動態皮膜の厚さは1~3nm(ナノメートル)程度と極めて薄く、また、不動態皮膜は自己修復機能があるため、通常の環境であれば皮膜が破れても鋼中のCrを使って再生することが出来ます。

なお、不動態皮膜が形成されるためにはCrは11%以上の含有が必要とされています。

 

しかしながら、不動態皮膜を持っていても、使用環境(海水、塩水など)によってはその一部が破壊され、局部的に腐食が進行することがあります。

SUS316Lに添加されたMo(モリブデン)には、破壊された不動態皮膜を修復する機能があるため、SUS316LはMoを含有していないSUS304よりも耐食性が良くなるのです。

 

また、ステンレス鋼に少量含有しているC(炭素)についても、耐食性の影響する場合があります。

Cは素地に固溶しているCrと結合しCr炭化物を生成し易く、そのCr炭化物は結晶粒界に析出します。その結果、析出したCr炭化物近傍は低Crとなってしまうため耐食性を低下させ、粒界腐食が発生する原因になります。

SUS316L(L=Low carbon)につきましては、C含有量も低めに調整されています。

※その他、Cr炭化物生成の抑制には、Ti(チタン)やNb(ニオブ)の添加も効果があります。

規格

弊社呼称

日本

中国

国際規格

アメリカ

イギリス

ドイツ

フランス

ロシア

欧州規格

JIS

GB

ISO

UNS

AISI

BS

DIN

NF

ΓOCT
(GOST)

EN
(種類)

EN
(番号)

SUS316

SUS316

JIS G 4305

0Cr17

Ni12Mo2

20

S31600

---

316S31

X5CrNiMo17 12 2
X5CrNiMo17 13 3

Z7CND17-11-02
Z6CND18-12-03

--

X4CrNiMo17-12-2

1.4401

SUS316L

SUS316L

JIS G 4305

00CrNi14

Mo2

19

S31603

---

316S11

X2CrNiMo17 13 2
X2CrNiMo17 14 3

Z7CND17-11-02
Z6CND17-13-03

03X17H14M3

X2CrNiMo17-12-2
X2CrNiMo17-13-3
X2CrNiMo18-14-3

1.4404
1.4432
1.4435

 

化学成分

鋼種名

化学成分(%)

C

Si

Mn

P

S

Cr

Ni

Mo

SUS316

≦0.08

≦1.00

≦2.00

≦0.045

≦0.030

16.00~

18.00

10.00~

14.00

2.00~

3.00

SUS316L

≦0.030

≦1.00

≦2.00

≦0.045

≦0.030

16.00~

18.00

12.00~

15.00

2.00~

3.00

 特金のメリット 

◎高精度な板厚公差で製造いたします。

JIS規格などの一般材や他社規格では出来ない、より精密な板厚公差での製造が可能です。

 

◎結晶粒度の仕様を設定することが出来ます。

製造工程を厳重に管理することにより、結晶粒度の仕様設定が可能です。

 

◎薄物&極薄箔も製造いたします

市場では板厚0.20mm以下は殆ど流通しておりません。

さらに弊社では板厚0.010~0.099mmの極薄箔まで製造が可能です。

 

◎小ロットにも柔軟に対応いたします

弊社では標準300㎏で製造可能です。

またご相談頂ければさらに小ロットも検討可能です。

(対応可否はその時々にもよりますので、都度、ご確認下さい。)

          

◎ご希望の硬さに調整いたします

オーダーメイドで製造を行なっておりますので、希望の硬さに調節することが可能です。

この鋼種のフルハード材は、市場には殆ど流通しておりませんが、弊社ならHV300以上の規格もお受け致します。

 

◎表面肌をお選び頂けます

圧延ロールを変更することにより、ブライト仕上(光沢あり) か ダル仕上(梨地模様)をお選び頂けます。

また、ご指定によりヘアライン研磨(外注)も対応致します。

 

物理的性質

鋼種名

密度

g/cm3

比熱

J(㎏・K)

熱膨張係数

(0~100℃)10-6/K

熱伝導率

W/(m・K)

電気抵抗

μΩ・㎝

ヤング率

N/m㎡

SUS316

8.03

502

16.0

16.3

74

193,000

 

機械的性質

ご希望の硬さ(仕上げ)にて製造いたします。

なお、板厚によっては対応出来ない仕上げもございますので、まずはご相談ください。

 ※極薄箔の場合、焼鈍、BA仕上などの軟質材は、不具合(折れ、シワなど)発生の懸念があるため、

  対応出来ない場合がございます。

鋼種

仕上状態

硬さ試験

引張試験

HV

引張強さ N/mm2

伸び %

SUS316

焼鈍仕上

135~175

540~685

45~60

強圧延仕上

360~390

1155~1255

1~3

SUS316L

焼鈍仕上

130~170

510~665

45~60

強圧延仕上

350~380

1125~1225

1~3

関連製品
ニッケル合金, コバルト合金, チタン合金

より高い耐食性や耐熱性をご要望の方は、ニッケル基合金もご検討下さい。

詳細を見る
お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
製品を探す