トップページ » 製品一覧 »  複合機能材料 » JLC(めっき圧延加工材)

JLC(めっき圧延加工材)

clad2
主な用途

コネクター、各種接点部品、端子、ピンスイッチなどの電子部品


製造範囲

板厚:0.05~0.8㎜  

※0.05㎜未満、0.8以上は要相談

幅:35~110mm

※110mm幅以上は要相談

 
製造工場

日本


加工概要

ベース材(主に銅合金)へめっきを施した後、圧延と熱処理を組み合わせることで、通常のめっき材より密着性を向上させた材料です。

めっき後に圧延及び熱処理をすることで、めっき膜中のピンホールを無くすと共に、境界面で拡散結合を得ることが出来、耐摺動磨耗性や密着性を向上させることが出来ます。

 

通常のクラッド材(複数の金属を貼り合わせる)の製法ではクラッド部の厚みが大きくなってしまうため、貴金属クラッドではコストが高くなる傾向にあります。

しかし、JLCの場合、貴金属クラッド部の膜厚がめっき程度であるため、貴金属の使用量の削減により大きなコストダウンが見込めます。

 

めっき加工そのものは外注先にて行ないますが、めっきの種類毎に最適な外注先を選定し、めっき後の圧延や熱処理、そして最終的な品質保証は弊社で行ないます。

 

特徴

・通常めっき材に比べ、めっき後に圧延・熱処理をしているため密着性が良い。

・通常めっき材に比べ、耐摺動磨耗性に優れる。

・境界部で拡散結合しているため、厳しいプレスや曲げ加工に耐えられる。

・貴金属層が薄いクラッド材の代用として最適で、通常クラッド材に比べ、貴金属使用量を抑えられ、コストパフォーマンスが高い。

・片面・両面・ストライプ・全面等、めっき仕様に関わらず製造出来る。

ベース材の種類

主に銅合金(銅、黄銅、りん青銅、ベリリウム銅等)となりますが、その他もご要望により対応可能です。

名称

合金

番号

特徴

JIS

GB

ISO

UNS

ASTM

CDA

BS

DIN

NF

ΓOCT

純銅

C1020

高導電性
高熱伝導性

C1020

T1
TU1
TU2

Cu-OF

C10200

C103

OF-Cu

Cu/c2

M06/M16

黄銅系

C2600

加工性
低価格

C2600

H68
H70

CuZn30

C26000

CZ106

CuZn30

CuZn30

Л68/70

りん青銅系

C5191

高強度
バネ性

C5191

QSn6.5-0.4

CuSn6

C51900

PB103

CuSn6

CuSn6P

БpOФ6.5-0.4

C5210

C5210

QSn8-0.3

CuSn8

C52100

PB104

CuSn8

CuSn8P

 

ベリリウム銅系

C1720

高導電性
ばね性

C1720

Qbe1.9-0.1

CuBe2

C17200

CB101

CuBe2

CuBe1.9

Бp・Б2

 

めっきの種類と厚み

めっきの種類は、金(Au)、銀(Ag)、ニッケル(Ni)、錫(Sn)などが可能です。

めっき厚みは0.2~2.0μmの範囲で製造可能ですが、厚いめっきはコストUPとなりますので、一般的には最終製品で0.5μm以下の仕様が多くなっております。

 

 特金のメリット

トータルで品質保証いたします。

ベース材~めっき部まで、JLC(めっき圧延材)として最終的な品質保証は弊社で行います。

これまでベース材、めっきと調達先毎に管理していたものを、弊社で全て管理しますので、御社での管理の手間が削減できます。

 

◎オーダーメイド仕様で製造いたします。

御社での使い方を考慮し、詳細のご希望をお伺いした上で製造いたしますので、各種公差はもちろんのこと、ベース材硬さ、めっき厚等、ご希望の仕様で製造いたします。

 

◎めっき品質の向上が可能です。

めっき後、圧延・熱処理をすることで、めっきでは得られないベース材との密着性やめっき膜中のピンポールの解消が可能です。

 

◎トータルコストダウンが可能です。

貴金属層の厚みはめっき程度ですので、貴金属使用量を抑えることが出来、トータルコストダウンが可能です。

 

◎小ロット対応が可能です。

当材料におきましては、数十kg~の対応が可能です。

またご相談頂ければ、さらに小ロットも検討いたしますので、お気軽にお申し付け下さい。

(対応可否はその時々にもよりますので、都度、ご確認ください。)

          

◎高精度な板厚公差をお受けいたします。

JISや他社規格より厳しい板厚公差で製造可能です。

めっき部を含めたトータル板厚管理が可能です。

JLCと一般的な電気めっき品の比較

 

 

JLC

電気めっき

密着性

圧延・熱処理によりベース材への拡散が起こり、密着性が良く、厳しい加工に適する。

ベース素材への拡散は非常に少なく密着性が劣るため、厳しい加工には適さない。

加工性

密着性が良いため、曲げ加工等の厳しい加工に耐える。

多層の積層めっきであり、層間で剥離する可能性や、剥離、割れが発生する危険がある。

耐食性

ピンホールが無いため、変色・錆が発生しにくい。

多孔質で微細なピンホールあるため、ベース材の腐食によって剥離する場合がある。

耐摺動磨耗性

ピンホールが殆ど無いため、めっき材に比べ、耐摺動磨耗性が良い。

多孔質で微細なピンホールあるため、耐摺動磨耗性は劣る。

価格

めっき材に追加加工するため、価格UPとなる。但し、密着性向上やクラッドの代用と考えればコストメリットがある。

素材価格+地金価格+加工費で算出。

※歩留り込み

関連製品
めっき加工

素材+めっき仕上げはこちらのページをご覧下さい。めっきまで弊社で管理いたしますので、手間の削減が可能です。めっきの種類もこちらのページを参照下さい。

詳細を見る
お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
製品を探す