1. HOME
  2. 製品案内
  3. ステンレス鋼
  4. 非磁性ステンレス鋼│TOKKIN 305M, TNM-1, SUS316L

Non-magnetic Stainless Steels

非磁性ステンレス鋼
TOKKIN 305M, TNM-1, SUS316L

製品概要

オーステナイト系ステンレス鋼の代表鋼種であるSUS304は、固溶化熱処理状態では非磁性ですが、冷間加工によりマルテンサイト変態をするため磁性を帯びる(磁石に付き易くなる)ようになります。そのため、非磁性を維持するために加工率を低く抑えたり、強度を犠牲にするなどの課題がありました。
非磁性ステンレス鋼は、冷間加工でマルテンサイトが誘起されない(されにくい)よう調整された鋼種のため、加工後も非磁性を維持できる材料となっています。加工方法や要求非磁性レベルなど、ご使用状況に応じた鋼種をご提案いたします。

主な用途

電磁波シールド、振動モーター、カメラモジュール、FPC、通信機部品、医療器具、留置針

対応可能形状

製造可能寸法

板厚: 0.010~2.0mm ※鋼種による

幅 : 3.0~300mm  ※300mm以上もご相談ください
長さ: COIL もしくは ~2,000mm

鋼種の特徴

横にスクロールしてご覧いただけます。

分類 鋼種名 特徴 高強度 非磁性 加工性 耐食性
非磁性
ステンレス鋼
TNM-1™ 極めて高い加工率でも非磁性を維持できるよう成分調整された鋼種です。500HVの極めて高い強度を得ることができるため、高い非磁性と高いばね性を求められる用途に最適です。軟質材は絞り加工も可能です。  〇  〇
TOKKIN 305M SUS304(18Cr-8Ni)のNi、Mn、Crなどの含有量を高めることでオーステナイト相を安定させ、冷間圧延後も磁化されにくくした鋼種です。TOKKIN 305Mは、JIS規格のSUS305の範囲内でこれらの元素を高めに調整しているため、一般的なSUS305と比較し、より一層安定度が高くなっています。また、Ni含有量が高いため、加工性、耐食性にも優れています。  〇  〇
SUS316L 汎用ステンレス鋼の中では、加工によるマルテンサイト変態が緩やかなため、非磁性を求められる用途によく使われていますが、高い加工率では弱い磁性を帯びるため、要求レベルによっては注意が必要です。
Ni含有量が高く、Moも添加されているため、加工性、耐食性に優れます。
△ 

※加工率上昇に伴い弱い磁性を生じるため注意が必要。

化学成分

横にスクロールしてご覧いただけます。

分類 鋼種名 C Si Mn P S Cr Ni Mo Fe
非磁性
ステンレス鋼
TOKKIN 305M 0.07~0.09 0.60~1.00 1.40~1.80 ≦0.045 ≦0.030 18.00~19.00 12.00~13.00 - Bal.
SUS305
(JIS)
≦0.12 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 17.00~19.00 10.50~13.00 - Bal.
SUS316L ≦0.030 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 16.00~18.00 12.00~15.00 2.00~3.00 Bal.

機械的性質



横にスクロールしてご覧いただけます。

代表値  加工前(スキンパス材)  最大強度
透磁率
[μ max]
硬さ
[HV]
引張強さ
[MPa]
 降伏応力
[MPa]
伸び
[%]
透磁率
[μ max]
硬さ
[HV]
引張強さ
[MPa]
 降伏応力
[MPa]
伸び
[%]
 TNM-1™ 1.003   260  920  570 48  1.003  510  1730 1700   0.1
 TOKKIN 305M 1.004   190  700  420 50  1.2以上  400  1220 1200  0.3
 SUS316L 1.004  185  660 420 50   1.2以上  380  1200 1180   0.3
 

透磁率・加工率・硬さの関係

透磁率・加工率・硬さの関係図

関連ページ

軟磁性材料

当社の電磁ステンレス鋼は、高耐食や超高強度など高い付加価値を併せ持ちます。

ステンレス箔

当社で扱うすべてのステンレス鋼で箔材を製造しています。

金属材料に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください

お電話でも
お問い合わせいただけます

03-5391-6151

受付時間 9 : 00~17 : 30 (土日・祝日除く)