トップページ » 製品一覧 »  事例&ご提案 » 磁気シールド材を変えてコストダウンしませんか?

磁気シールド材を変えてコストダウンしませんか?

 

 

<HDDメーカー 設計開発部の方から>

ノイズを避けるために磁気シールドをしたいけど、安い磁気シールド材はないかな。

 

 

 

Ni含有量の多いパーマロイや防錆のためにめっきの必要なSPCC、SUYから、Ni含有量の少なくかつ耐食性のある電磁ステンレス鋼TDS-1に変更することで“大幅なコストダウン”が出来ました。

【Before】 パーマロイ、(SPCC+めっき)、(SUY+めっき)

【After】 TDS-1 

 

 ■ ニッケル含有量が少ないためニッケル建値に影響されず、50%以上のコストダウン

 ■ 耐食性が良いため、めっき不要

 ■ 優れた強度で薄肉化が可能になりサイズダウン

  

磁気特性が若干異なりますので、試作などでの見極めをお願いします。 

 

事例一覧のページへ戻る

 

 

関連製品
電磁ステンレス鋼(TDS-1)

TDS-1は「強度」「耐食性」「磁気特性」に優れた“高機能性フェライト系ステンレス鋼”です。

SUS430と比較して磁束密度が高く、保磁力は低いため、着磁性、離脱性、磁気シールド特性に優れます。

詳細を見る
お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
製品を探す