トップページ » 製品一覧 » めっき加工

めっき加工

solder
主な用途

コネクター、各種スイッチ、インダクター


製造範囲

全面めっき、ストライプめっき対応可能

※条件により可能な厚み、幅変わりますのでご相談くださいませ。

製造工場

日本、中国


特徴   特金のメリット   主なめっきの種類   めっき+リロール=?

特徴

プレス加工前のフープ材(コイル、帯)へのめっきを主に、リール(プレス後打抜き)めっき等を取り扱っております。

めっき加工そのものは外注先にて行いますが、それぞれのめっきの種類・数量・用途によって最適な材料を最適な外注先にて加工します。

勿論、材料からめっき加工後まで最終的な品質保証は当社で行います。

 

特金のメリット

◎素材も含めた一元管理ができます

◎めっき と 圧延 を組み合わせためっきリロール材(JLC)の製造ができます

◎多様なめっきメーカー様との取引実績あります

 

主なめっきの種類

Au(金)

Ag(銀)

Ni(ニッケル)

Sn(すず)

Snリフロー

 

 

めっき + リロール =JLCクラッド

めっき加工後にリロール加工をすることで、通常のめっき材よりも密着性をたかめた「JLCクラッド」という製品がございます。

こちらの製品は下記のような特徴がございます。

■ピンホールがないために変色・錆が発生しにくい

■熱拡散により密着性に優れる

■めっき表面硬度が向上する結果、対磨耗性が向上する

 

JLCクラッドについてより詳細を知りたい方は下記のページをご覧下さい。

⇒ JLCクラッド

関連製品
JLC(めっき圧延加工材料)

clad2

ベース材(主に銅合金)へめっきを施した後、圧延と熱処理を組み合わせることで、通常のめっき材より密着性を向上させた材料です。

詳細を見る
お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
お知らせ
製品を探す