トップページ » 製品一覧 » 異型加工条

異型加工条

multigage

製造範囲

板厚:0.2~0.8㎜

(0.2㎜未満、0.8~1.5㎜は材質・板厚等により対応可能)

 

幅:10~60㎜

(10㎜未満、60~80㎜は材質・板厚等により対応可能)

製造工場

日本



 
    概要    製造範囲     断面形状    特金のメリット    切削刃物の特長

 

概要

異型とは通常とは異なった特殊な形状を持つ材料のことです。

弊社での異型製造は切削にて行なっており、切削にて加工するため板厚精度が良いことが特徴です。

弊社独自開発の製造設備によりカッター、バイト、エンドミルと多様な刃物を使用することが可能になり、

より複雑な形状と厳しい規格を可能にしました。

異型パターンは様々ですが、凸型、凹型、階段型、ストライプ型、端子型等がございます。

 

▲ページの先頭へ戻る

製造範囲

材種 銅合金、ニッケル合金、ステンレス、SPCC、SKなど
板厚

0.20mm ~ 0.80mm 

※0.20mm未満、0.80mm~1.50mmは材種・製品幅により対応可能

製品幅

10mm ~ 60mm

※10mm未満、60mm~80mmは材種・板厚により対応可能

▲ページの先頭へ戻る

 

断面形状

下図のように、凸型、凹型、階段型、ストライプ型、端子型などに対応致します。

また、オーバーレイクラッドやインレイクラッド、オビワンコート(機能性樹脂塗装)などを

組み合わせることも可能です。

 

 

▲ページの先頭へ戻る

 

特金のメリット

◎切削での加工のため厚み精度が良好です。

1箇所の溝を何回にも分けて切削して製造するため、微調整が容易に出来ます。

そのため、溝の厚み精度をよく製造することが出来ます。

 

◎様々な異型パターンに対応可能です。

凸型、凹型、階段型、ストライプ型、端子型など、多様な異型パターンに対応しております。

その他、クラッド材やオビワンコート(機能性樹脂塗装)材にも対応しております。

 

▲ページの先頭へ戻る

 

切削刃物の特長 

 刃物

特徴

銅合金

SPCC

SK

Ni系合金

SUS

カッター

細かい切削が得意

バイト 

深い切削が可能

×

エンドミル

切削量が多い

×

×

◎・・・良好  ○・・・良い  △・・・可能  ×・・・難しい

 

▲ページの先頭へ戻る

 

お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
お知らせ
製品を探す