トップページ » 製品一覧 »  普通鋼・純鉄 » 普通鋼(SPCC)

普通鋼(SPCC)

coil
主な用途

時計部品、カメラ部品、事務機部品、自動車部品、ワッシャー、シム、スペーサー


製造範囲

板厚: 0.030~2.500mm  

幅  : 3.0~300mm

 
製造工場

日本、中国(上海)


製品概要

JIS G 3141『冷間圧延鋼板及び鋼帯』に規定される鋼種で、低炭素の鋼材です。

低炭素のため加工しやすく、軟質仕上げにおいては絞り加工などにも向いています。

 

弊社のSPCCは、みがき特殊帯鋼製造で培った豊富な経験と技術を元に、時計、カメラ、事務機、電気、自動車、その他特殊精密機械向けの材料を主力に製造しています。

 

お悩み解決事例

特金のSPCCなら、こんなお悩みも解消出来ます!

詳細をご覧になる場合は項目をクリックして下さい。

     
 
 
 
 
 
 

 

化学成分

SPCCは、JIS G 3141『冷間圧延鋼板及び鋼帯』内で規定される鋼種です。

鋼種名

化学成分(%)

C

Si

Mn

P

S

SPCC

(弊社成分例)

0.05

--

0.23

0.022

0.015

SPCC

(JIS G 3141:2011)

≦0.15

--

≦0.60

≦0.100

≦0.035

SPCE

(JIS G 3141:2011)

≦0.08

--

≦0.45

≦0.030

≦0.030

JISでは、SPCC、SPCD、SPCE、SPCF、SPCGの5種類の鋼種が規定されており、これらは主に化学成分と機械的性質の違いによって分類されます。

特金のメリット

◎硬さや調質が選べます

A(焼鈍)やSB(スキンパス)の軟質材から、市場での流通量の少ない8B、4B、2B、1B(強圧延)まで幅広い調質で製造いたします。

また、硬さ(HV)での規格管理も可能ですので、強度のバラツキの少ない高品質な材料をご提供いたします。

 

◎薄板も製造可能です

一般的には厚み0.4mm以上の厚板材が主流ですが、弊社では厚み0.4mm未満の対応が可能です。

 

◎小ロットにも対応いたします。

弊社では標準300kgで製造可能です。

100kgの極小ロットもご相談に応じますので、お問い合わせ下さい。

 

◎厳しい板厚公差での製造が可能です

JIS規格などの一般材や他社規格では出来ない、より精密な板厚公差での製造が可能です。

もちろん片公差(例えば、+0/-0.020mm)にも対応しております。

 

◎表面肌をお選び頂けます

圧延ロールを変更することにより、ブライト仕上(光沢あり) か ダル仕上(梨地模様)をお選び頂けます。

また、ご指定によりヘアライン研磨(外注)にも対応致します。

物理的性質

鋼種名

密度

g/cm3

比熱

J(㎏・K)

熱膨張係数

(0~100℃)10-6/K

熱伝導率

W/(m・K)

電気抵抗

μΩ・㎝

ヤング率

N/m㎡

SPCC

7.87

481

11.7

73.3

13

206,000

 

機械的性質

各調質における、機械的性質は下表の通りです。

調質区分

調質記号※2

硬さ試験

HV

引張試験※1

引張強さ

N/mm2

伸び

焼鈍のまま

SPCC-A

≦105

275≦

下表参照

標準調質

SPCC-S

≦115

275≦

下表参照

1/8硬質

SPCC-8

95~130

295~410

20≦

1/4硬質

SPCC-4

115~150

370~490

8≦

1/2硬質

SPCC-2

135~185

440~590

--

硬質

SPCC-1

170≦

550≦

--

※1 引張り試験片は、圧延方向よりとったJIS-5号試験片によります。

   引張強さ、伸びの値に関しては、板厚0.25mm以上の場合のみ適用されます。

※2 表面仕上は、ブライト:B(光沢)、ダル:D(梨地)仕上が対応できます。

   表面仕上は、調質記号の後にB(ブライト)もしくはD(ダル)の記号が付きます。

   例) ブライト肌の場合・・・SPCC- SB, 8B, 4B, 2B, 1B

      ダル肌の場合・・・SPCC- SD, 8D, 4D, 2D, 1D 

 

伸び:El (SPCC-A, SPCC-S)

焼鈍(A)及び標準調質(S)仕上の時の伸びは次の通りです。

表 伸び (SPCC-A 及び SPCC-S )

厚さ mm

0.25以上

0.30未満

0.30以上

0.40未満

0.40以上

0.60未満

0.60以上

1.0未満

1.0以上

1.6未満

伸び  %

28≦

31≦

34≦

36≦

37≦

 

エリクセン値:Er

焼鈍、標準調質仕上について、引張試験の代わりにご希望があった場合、

または、特別にご指定のあった場合のエリクセン値は次の通りです。

表 各板厚におけるエリクセン値(Er)

厚さ mm

0.4

0.5

0.6

0.7

0.8

0.9

1.0

1.2

1.4

1.6

エリクセン値  %

7.2

7.8

8.4

8.8

9.1

9.4

9.6

10.0

10.3

10.5

[備考] 

1. この表にない厚さ0.4mm以上1.6mm以下の中間厚さに対しては補間法により、小数点以下1桁に丸めます。

2. 3個の試験値の平均に対して適用します。

 

曲げ

焼鈍、標準調質仕上について、引張試験の代わりにご希望があった場合、

または、特別にご指定の合った場合の曲げ試験の値は次の通りです。

調質記号

曲げ試験

判定

曲げ角度

内側半径

試験片

SPCC-A

180°

密着

3号

圧延方向

曲げた外側にさけ疵を生じないこと

SPCC-S

180°

密着

SPCC-8

180°

密着

SPCC-4

180°

厚さの0.5倍

SPCC-2

180°

厚さの1.0倍

SPCC-1

 

お問合わせはこちらから
お問い合わせ
03-5391-6151
技術カタログダウンロード
製品情報
製品を探す